梨サングリアの話

リンゴを日本酒でつけてサングリアを作ってみたのが前回です。

nekodaisei.hatenablog.com

思ったより美味しくならなかったので「ちくしょーー!このままで終わらせるわけにはいかないぞーー!」ということで梨を買ってきた。

f:id:nekodaisei:20151004153054p:plain

前回の青リンゴと似てるけど、この梨の方がだいぶずっしりとしていて、皮もきめ細かい印象を受けた。重い。確か豊水だったと思います。リンゴが60円のものだったけど梨は149円とかだったので全然値段も違う。早速剥いてみる。

f:id:nekodaisei:20151004222729p:plain

今回も懲りずに渦巻きに皮むき。広げるときに一部ちぎれてしまった。へたの位置が妙に偏っていたので渦巻きの大きさが一緒にならなかった。これを適当な大きさに切って漬ける。

f:id:nekodaisei:20151004224148p:plain

日本酒は前回と同じものを使う。これで美味しくならなかったら日本酒が問題ということになる。その前に梨の味見を・・・

うまっ!

甘い!みずみずしくて、かつ甘い!蜜のなさをみずみずしさでごまかしてるみたいなことは全くなく、丁寧な甘さを感じる。この甘さなら期待できる!美味しい日本酒サングリアができるんじゃなかろうか・・・!

ということで翌日の仕上がりが楽しみだぞ・・・?はたして美味しくなるだろうか?

 

一晩明けて。様子としては、リンゴを漬けた時ほどは色が変わってないように見える。

f:id:nekodaisei:20151004222923p:plain

そもそも梨が全然茶色くなっていない。梨って変色しないんだっけ。あまりに色が変わってないので、さっき写真を貼りつけるときに間違えて漬ける前のものとして貼ってた。日本酒の方もグラスに注いでみる。

f:id:nekodaisei:20151004224405p:plain

前回と違うグラスだけど、ほのかに色がついているのがわかる。背景が白くないとわからなかったので冷蔵庫の前で撮ってます。さて味見・・・

・・・!

おおっ、リンゴの時と比べて圧倒的に飲みやすくなってる!甘さも増しているし、本当にぐいぐい飲めてしまう。前回は残っていた飲みづらさが一気に解消されてる一方で、日本酒感が全くなくなったという感じはない。弱まっているのは確かだけどちゃんと感じる。でもアルコール度数はかなり下がっているように思う。もしかして、梨の方がとんでもないアルコール度数になっているんじゃないか・・・

恐る恐る梨も食べてみる。と。

やっぱり度数は高い、けど美味しいぞ!

リンゴの時はアルコール度数が高くなったが故のエグみみたいなものが強く出てしまっていたけど、この梨は度数は高いけど梨のもともとの甘味がちゃんと残っていて「大人のデザート」みたいな感じに。旨い。でも酔う。梨を食べたあとに日本酒の方を飲んだらあんまり味を感じなかった。それだけ梨の味が濃いのだろう。

やっぱり梨も食べてるとどんどん酔ってくるのだけど、結局あっという間に全部食べてしまった。美味しかったです。日本酒サングリアも飲みやすいものだから一気に飲んでしまった。えびせんべいより先にサングリアがなくなった。

 

前回と合わせたこの日本酒サングリアの試作からわかったことは、

・日本酒はそれなりのものを用意すれば辛口が苦手でもまろやかにできる

・漬ける果物は安物よりもちゃんと食べて美味しいものを使うべき

・漬けたものはアルコール度数がすごいことになる

ということかな。作る際には参考にしてみてください。未成年はダメだぞ!